F1のある暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS モントーヤ、NASCARに専念

<<   作成日時 : 2008/11/25 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現在、アメリカで最も人気のあるカテゴリNASCARにその戦いの舞台を移しているファン・パブロ・モントーヤ。
彼は、来年F1に復帰するチャンスがあったようだが、そのオファーを自ら辞退したそうだ。

CARTチャンピオンの経歴を引っさげて、ウィリアムズからデビューしたのは2001年。

BMWエンジンを搭載していた当時のウィリアムズを駆り、
ルーキーイヤーながら15戦目のモンツァでポール・トゥ・ウィンによる初優勝を遂げる。

以来、ウィリアムズで4勝、2005年に移籍したマクラーレンで3勝とその才能を魅せつけてきた。

しかし、F1の政治的な側面に嫌気が差した彼は、
2006年シーズンの途中、北米ラウンドを終えた時点で自らそのキャリアを絶ち、
上記の通り、戦いの場をアメリカン・モータースポーツに求めたという訳だ。

NASCARで戦う彼は、現在最上位クラスのスプリントカップに参戦中だが、決して連戦連勝という訳ではない。
それでも、ストックカーをドライブする方が、F1マシンをドライブするよりも良いようだ。

F1−Live.comによると、トロ・ロッソを含めた複数のチームからオファーを受けていたというモントーヤ。

だが、彼はそんなオファーを、
「興味がないからね。」
という理由から、断ったらしい。

モントーヤ曰く、
「僕はアメリカでとてもハッピーだし、僕の家族もそうだ。正直言って、F1に戻ろうと考えたことは一度もない。」
と、現在の生活は充実しているようだ。

漏れ聞こえてくる情報ではF1マシンをドライブする以外の付帯業務を嫌悪しているドライバーは
現役ドライバーにも何人かはいるようだ。

予算削減も良いが、ドライバーが気持ちよく仕事できる環境作りも、F1の発展のために必要ではないだろうか。


今日も一緒にF1を楽しみましょう!

↓いつも応援ありがとうございます。よろしければ、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モントーヤ、NASCARに専念 F1のある暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる