F1のある暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS トロ・ロッソの100%保有は売却のため?

<<   作成日時 : 2008/11/28 23:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

先日このブログでもお伝えしたように、レッドブルがトロ・ロッソの株式100%を取得することを発表した。
これまでは、レッドブル50%とゲルハルト・ベルガーが50%の折半出資という状況だった。

レッドブル総裁のディートリッヒ・マテシッツはカスタマーシャシー問題から、
自身の保有する株式50%を売却する意向であったことはお伝えした通り。

そのため、そんな彼がなぜ急に態度を一変させてベルガーから株式を買い取り、
100%保有にこだわったのかと言うことが謎であった。
(初優勝を遂げたチームの進展に満足したからか、といった予想もしたが・・・)

そんな謎に対して、レッドブルに自身の株式を売却するベルガーが回答を持っているようだ。

F1−Live.comが伝えるところによると、
「今後もトロ・ロッソの運営を喜んで継続するつもりだった。しかし、私ひとりでは資金的に無理がある。」
という思いの中で売却を決意したベルガーだが、
「ディディ(ディートリッヒ・マテシッツの愛称)は、レギュレーション変化のためにチームを売却したいと語っていた。」
とも語っており、レッドブルが100%保有にこだわったのはチームの売却をより容易にするためだということだ。

さらに、ベルガーはチームがレッドブルの後ろ盾を失えば、ミナルディ時代の戦闘力に逆戻りするとも考えて、
チームから身を引くことを決断したようだ。

となると、売却先はこのオフシーズン中にも決定するのか?と考えてしまうが、
候補としても何ら情報が挙がってこない状況では、来年は現行体制のままで戦うのが一番現実的な気もする。

いずれにしても、この先、大きな変換点を迎えそうなトロ・ロッソである。


今日も一緒にF1を楽しみましょう!

↓いつも応援ありがとうございます。よろしければ、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トロ・ロッソの100%保有は売却のため? F1のある暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる